MENU

「設備やアメニティが変わったラブホテルの昔と今」のイメージ画像

ラブホテルの持つ魅力

外を見ている女性

ラブホテルの昔と今の違い

ラブホテルを利用したことはありますか?
東久留米など全国どこにでもあるラブホテルといえばアメニティグッズやベッドなど、どこか衛生面を気にして、マイナスなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?
最近のラブホテルは、アメニティグッズがグレードアップしていたり、利用目的が変わっていたりと昔と今のラブホテルでは様々なことが変わっています。
そんなラブホテルの昔と今について見ていきましょう。

ラブホテルは昔モーターホテル略してモーテルと呼ばれている時期もありました。
ラブホテルの基本的な利用目的は昔も今も変わっていませんが、数年前から少し違った目的で利用するお客さんも増えてきています。
そして、昔と今の違いで昔はあったのに今ではなくなっている設備があり、それは回転ベッドやモンローベッド、ドッキングベッド、プラネタリウムベッドなどです。
回転式ベッドというのは若い人でも実際には見たことは無いけどなんとなく知っているという人もいるのではないでしょうか。
そして逆に昔はなくて今はあるものというと海外の有名ブランドのファンデーションやアイシャドーなどのコスメセットがレンタルできる部屋があります。

このように昔と今で変わった物がありますが、昔には昔の、今には今の良さがありそうです。

昔のラブホテルにあった魅力

昔のラブホテルは、モーターホテル略してモーテルと呼ばれていた時期があります。

モーテルとは、1つの部屋に対して1つのガレージがありフロントを通らなくても部屋に行けるシステムのホテルで、アメリカにもモーテルはありますが、アメリカのモーテルは日本とは違いビジネスホテルのような扱いです。
しかし今はそういったシステムのラブホテルはなくなり、必ずフロントを通るようになりました。
そして昔のラブホテルを象徴する設備といえば、回転ベッドと鏡張りだと思います。
今でも形として残っているホテルもあるのですが回転させることができません。
他にも昔はあった設備の中ですごいのがプラネタリウムベッドで、置かれている説明書の通りにベッドの枕元にあるボタンを押すと部屋が暗くなり、次のボタンを押すとベッドが天井に向かってどんどん上がっていき、そして天井が二つに割れ夜空が見えるようになり、そして最後にもう1つボタンを押すとベッドが回転し始めます。

このように昔のラブホテルには特殊な設備があり、魅力がありました。

ラブホテルに起きている変化

ラブホテルは今は昔よりアメニティや料理などの質が上がっていたり、利用するお客さんにも変化があったりと昔とは変わってきています。

アメニティががどのように変わったかというと、有名なブランドのシャンプーやトリートメントなどが置いてあり、中には海外の有名ブランドのファンデーションやアイシャドーを含むコスメセットがレンタルできるラブホテルがあります。
そして最近ではラブホテルの部屋から注文できるフードメニューはレストランのような質でバリエーションも豊かです。
またここ数年で利用するお客さんに起きた変化ですが、最近は女性数人での利用、女子会でラブホテルを利用する人や男女ともに1人で利用するという人が増えています。
女子会でラブホテルを利用する理由には、1人あたり3,000円で利用できてリーズナブルなのと朝まで語り尽くしても問題がないという所にあるようです。
また1人でラブホテルを利用する理由は、ラブホテルはビジネスホテルに比べて部屋やお風呂などが広くアメニティが充実しているため、普通のビジネスホテルと同じように1人で利用する人が増えているようです。

現代のラブホテルでは有名ブランドのアメニティや化粧品などが置いてあるラブホテルが増えたり、女子会やビジネス利用といった利用目的の変化があるようです。

高級ホテルのような部屋

高級感のある部屋

高級ホテルやリゾートホテル、高級旅館に行ってみたいけど手が届かないという人にラブホテルはオススメです。一度高級感が溢れる部屋で幸せなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

| read more...

ラブホの中でも特殊な部屋

ランプが付いている

ラブホテルの中でも少し変わった部屋について説明しています。ラブホテルには、白や黒を基調としたオシャレな部屋だけでなく、SMルームや電車がある部屋などの少し特殊な部屋もあります。

| read more...

記事一覧

天気の良い様子 「設備やアメニティが変わったラブホテルの昔と今」の記事一覧です。 | read more...