前へ
次へ

南国のフルーツはカロリーが高い?

これまでは、健康保険・厚生年金保険の支払いが必要でしたが、次世代の育成を支援することを目的に平成26年4月から支払いが免除されることになりました。産休中には職場から支払われるお給料が全くないケースが多く、これまでのしくみでは家庭の蓄えの中から健康保険・厚生年金保険を負担する必要がありました。しかし、支払いの義務がなくなったことで、これから出産を控えている夫婦の負担が軽減されることになります。免除になるのは被保険者分と事業主分の両方で、厚生年金保険については免除期間中も支払ったものとして年数がカウントされます。健康保険・厚生年金保険の免除を受けるには必要書類を作成し、事業主経由で健康保険組合・年金機構に提出する必要があります。

top用置換

top用置換2
Page Top